スポンサーリンク

住みながらリフォームでキッチンリビング大移動

2階に住みながら1階をリフォームしました

2階に住みながら1階をリフォームしました。
リビングキッチンの家具や物を収納して大移動したお話です。

リフォームでは天井や床をはがして、工具で木材を切ったりします。

粉塵が飛ぶので荷物や家具をずらしながらリフォームするというわけにはいきません!

そこでキッチンリビング用品を1階から2階に大移動しました。

スポンサーリンク

作業は捨てる・仕舞う・運ぶ

リフォームの1週間くらい前からは、本格的に片付け始めました。
ともかく物をどこかに入れ込まなくてはなりません!

1階の押し入れを空にして、そこにキッチンの物を入れることにしました。

キッチン用品は量も多くリフォーム後には再びキッチンに戻すから、1階にしまった方が良いのです。

まずは1階押し入れの布団を2階に運び、スペースを確保しました。

風呂敷と布団

言っては何だけど夫は当てになりません。

指示するのも面倒なので、以下の作業をほぼ私1人で頑張りました。

リフォーム中に使わないキッチン用品を箱詰めする。

1階押し入れのふとんを2階に運ぶ。

1階の押し入れの空いたスペースに箱詰めした物を収納する。

その間に捨てる物は捨てる。
入らない分は2階に運ぶ。

リフォーム業者に段ボールのサービスがあって良かった

段ボール

キッチンとリビングを空っぽにする作業では、段ボールがたくさん必要でした。

この段ボールをリフォーム業者さんが用意してくれたので助かりました。
しかも回収まで面倒見てくれたのです。

(うちの自治体では引っ越しやリフォームの業者名の入った段ボールは回収してもらえません)

段ボールは見積にも載っていないサービスでしたが、手間が大違いですごく助かりました!

これからリフォームされる方は、最初に確認されておくと良いですよ。

スポンサーリンク

キッチンリビングから2階に運んだ物

リビングの家具やテーブル、重い荷物はリフォーム業者さんが2人で運んでくれました。

◆2階に運んだ物

テーブル
椅子
ソファー
テレビ(テレビ台も)
布団
炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、コーヒーメーカー、電磁調理器。
食器や鍋を少し

リフォーム中に暮らす2階の部屋はこんな感じ

私の人生で過去最高の住み心地でした♪
ロフトには布団を敷いてあり、いつでも寝られます!

娘の感想は「スウェーデンの老人ホームみたい」だそうです。

部屋

1階和室の様子

◆1階に残した大型の物
冷蔵庫
天井高の洋服ダンス
キッチンボード

リフォーム中の冷蔵庫

冷蔵庫などは移動も大変なので、和室に置くことになりました。

和室と言っても畳や襖は業者がはずして持って行ったので、まるで物置小屋みたいです。

なかなか大変な作業だけど変な力がわいて頑張れました。
60代でまだ元気だから出来たんだなぁと思っています。

リフォームのお話をまとめています
>>「築19年リフォーム」一覧

コメント